意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年は10月から3か月連続の演奏会です。気合入ってます。っていうか、大丈夫か?!

本当ならば、もう一つ演奏会があったのですが、本番がブッキング(11/22)にて、バッハの大曲、「ヨハネ受難曲」を歌うのを泣く泣く諦めました。


ということで、厳選の3演奏会、聴きにきてください!全部!!


...とは言いませんので、どれか二つでも!


...いや、一つでも。。。



◇演奏会その1◇
10/12(月・祝) 16:30開演  会場:洛陽教会
バッハ オーボエ協奏曲ヘ長調 BWV1053R
     ミサ曲イ長調 BWV234
     カンタータ第205番≪引き裂け、破れ、砕けよ、墓を≫
      (満足した風の神)
指揮:福永吉宏  京都・バッハ・ゾリステン
http://kbs.inter-art.gr.jp/

◇演奏会その2◇
11月22日(日) 14:00開演  会場:京都府民ホールALTI
モーツァルト レクイエム KV.626
         ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 KV.595
指揮:福永吉宏  ピアノ:荒憲一
京都・バッハ・ゾリステン/京都フィグラールコール
http://figural.blog55.fc2.com/

◇演奏会その3◇
12月23日(水・祝) 16:30開演  会場:洛陽教会
バッハ ヴァイオリン協奏曲ニ短調 BWV1052R
     ミサ曲ヘ長調 BWV233
     カンタータ第208番≪わが楽しみは愉快な狩りだけ≫
      (狩りのカンタータ)
指揮:福永吉宏  京都・バッハ・ゾリステン
http://kbs.inter-art.gr.jp/


曲の知名度で行けば、断然、11月のモツレクとピアノコンチェルトですね。これはもう疑いようの余地がない。モツレクは、いろんな版がありますが、ジュスマイヤー版でいきます。今回は、いずれもモーツァルトの最晩年の曲ということで、その響きを楽しんでもらえるのではないかと思います。あと、ご来場者の方にはちょっとした「おみやげ」がつきます。


12月の狩りのカンタータは聴いたことあるひとも多いかもしれませんね。アリア「羊は安らかに草を食み」とか、ラジオ番組のテーマ音楽にも使われていたし。
どなたかが作成のmidiへ

ただ、dasaのオススメは、10月と12月のバッハのミサ曲(ミサ・ブレヴィス)です。これは、いわゆる隠れた名曲で、本当にきれいな曲です。ブルゴーニュへの旅の間、i-podでずーっと聴いていました。今回、教会でこういうミサ曲を聴いてみるというのもまた良いのではないでしょうか。

それから、少々マニア色の強い方へ。10月のオーボエ協奏曲、12月のヴァイオリン協奏曲は、もともとチェンバロ協奏曲ですね。このソロをそれぞれ、オーボエ用、ヴァイオリン用にしているということで、録音も少なめですし、生でもあんまり聴けないのではないでしょうかね。


というわけで、ご関心の方はdasaまでご連絡を。そして、演奏会場でお会いしましょう!!
[PR]
by dasauso | 2009-08-25 20:45 | オンガク編