意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

追悼


皆さん、何度も「巻き戻して」聞いた曲ってのが、なにかしらあると思うんですが、

高校時代のdasaは、「Heal the world」や、「Black or White」でした、

ってことを、今日思い出しました。


なんだか便利になったyoutubeで聴き返してみて、心地よさと甘酸っぱさを覚えました。



The Beatlesとかは、自分の同時代でなく、まして、MozartやBachでもなく、

ひとつがMichael Jacksonだったのかもしれません。

合掌
[PR]
by dasauso | 2009-06-26 23:22 | オンガク編

奏でるマブダチ

一週間前にマブダチをいっしょに踊った友人が、今日は演奏会(こっちはオーケストラね)に出演、ということで、大津まで聴きに行ってきました。

→大津管弦楽団は大管というんだな

友人が出る演奏会を聴く機会というのは、いろいろとあるわけですが、その友人というのも、合唱つながりとかもともと音楽関係で知り合うのがたいがいです。だから、合唱やっている●●さん、とか、ヴァイオリンを弾いている●●さん、みたいな形で知り合うわけです。

けど、今日の場合は、もともと予備校つながりなもんで、そんな友人が立派に楽器を弾いていたりすると、ちょっとまた違った意外な姿に映ったりして、すげえと思ったりするわけで、はい、かっこよかったです。

音の方も、ひいき目で聴くからということではなく、ええ音を鳴らしてました。


ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲に交響曲第8番、オードブルは、サムソンとデリラからの抜粋(バッカナール)。8番は地味な曲ながらよく聴いてみるとなかなか味わいのある曲。カセットテープで何度も聴き返した大好きなコンチェルトは、12楽坊みたいなPj(by高嶋ちさ子)に出ている松浦梨沙さんの独奏。


アンコールが知らない曲だった。けっこうドラマチックにメロディアスな、けっこうええ曲だな。うーん、みんなは知ってるのかな。

ダメもとぐらいに妻にきいてみたら、一瞬ぽかんとしたようだった。


「え、篤姫やん」


え?

確かに、いわゆるクラシックというより、何かの映画音楽のように感じたんですけどね。えーと。

すんませんねぇ。世間ずれしてましてねぇ。。。

→youtubeで篤姫

※ 大河の時間、合唱の練習と重なるもんで、実は「天地人」も知らないのです。
[PR]
by dasauso | 2009-06-14 22:31 | オンガク編

踊るマブダチ ふたたび

あれから3年、予備校仲間がまた一人結婚することとなり、氣志團の「マブダチ」(結婚闘魂行進曲ということになっている)を踊りました。

(前回の踊るマブダチ)

前回は直前4時間の特訓練習を経て本番に突入した(それはそれですごい。よくやった。)が、今回の練習はわずか1時間。大丈夫か。しかも、座った時の8人用のカラオケ部屋で8人が立って踊るのでそれだけで大変。

でも、持ち前の団結力と本番の強さ(予備校仕込)にて、なんとか本番の踊りもクリア。

勉強の思い出より遊びの思い出の方が多い予備校時代、予備校卒業の時には60人で大宴会をやった仲間。昨日も久々にあうメンバーが多かったけど、昔からの友達はやはりええもんです。



新婦、新郎さん、おめでとうさん。

これからも夜露死苦!!



※ この3年の間に、youtubeも発達して、ネットで振り付けを見られたり、素人(だけど上手い)さんの解説的振り付けが見れたりして、ネットの進化を感じます。
[PR]
by dasauso | 2009-06-07 21:14 | ニチニチ編