意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コーチは交渉に弱いのか

交渉ごとを、綱引きと見立てれば、着地点を自分の方に引き寄せたいものです。

両方の置かれた状況を客観的に探っていけば、合理的あるいは公平な着地点はどこかにあるのでしょう。けれども、交渉に立つ側としては、そこはパワーのせめぎ合いであって、自分の方に引き寄せたい。

さて、ものわかりがよく、論理的に捉える人であるほど、いつのまにか自分のペースを失い、ともすれば相手のペースに巻き込まれてしまうのではないか。

と思うことがあります。


つまり、論理的であることが必ずしも交渉において強くないということです。

そして、本当にものわかりのよくない人がいるものですが、しかし交渉という点から言えば、あっぱれです。相手はあきらめてしまいます。

ロジカル思考と、このはぐらかし、または詭弁というのが、両方ともテクニックであるとすれば、それを自分の中に両立させることはそれこそ大変高等なことではないでしょうか。


とすれば、コーチングの得意な人は交渉に弱いのでは...
[PR]
by dasauso | 2006-02-25 15:01 | オチゴト編
価値のある提案とはいえ、コスト下げねばならない顧客に対して、費用を出してもらうような提案を行うのはなかなか難しいことですね。

また、競争相手もいるので、他社と差別化しなければなりません。



で、たとえば、コストを下げるコンサル事業で、うまくダウンできた額の何%をもらうという事業がありますが、こういう提案ならクライアント側もハッピーですね。


ただ、こういう事業はだれでもできるわけではありません。残念ながら。


ここまでは普通のお話ですが...
以下、今日面談した方のお話。


でも、本業とは別に、「こういう事業」の販売代理店ならできます。


そこで、このコスト削減でういた資金を、別の投資=本業に振り向けてもらうという提案ができるわけですね。

新規開拓であれば、コンサル事業の販売代理店のほうで口座をつくっておき、じっくりと本業の提案ができるというわけです。
あるいは、本業のおまけとして、費用削減のサービスをつけるとかいうことも、本業の差別化になったりします。

こういうビジネスモデルがあるんだなあと目からウロコな話でした。


そうこうして、このコストダウンコンサル事業、直販営業の人員がおりません。すごいなぁ。
[PR]
by dasauso | 2006-02-08 22:30 | オチゴト編
お腹はぽんぽん。九条通りの下をくぐって東福寺地帯に踏み入り、お庭を目指す。

b0060399_21591557.jpg


目指すは霊雲院。

拝観料はと...300円。一時間ぐらいは居てよう。

b0060399_2204775.jpg


やったー。誰も居らん。

一人やー。独り占めー。

b0060399_2215888.jpg


寒い日やけど、日差しはポカポカ。

縁側に腰掛けて。
ふぅ、ゆっくりするわー。

b0060399_2233273.jpg


しーん。なんせ一人。寝っころがっても、踊っててもありやもんね。

b0060399_2254551.jpg



あれ、日差しがなくなってきた。ちょっと寒い。
さっきは日がさしていたのになー。そうそう。ちょっと時間を思い出した。


ゴーーー、
京阪電車の走る音がときおり聞こえてきます。速いなぁ。

鳥が飛んでいく。コンドルかなぁ。
でも視界から消えて、どこかへ行ってしもた。

b0060399_227856.jpg



ん、白い埃が。

と、おもってひざを触ったら、一瞬だけ冷たく、消えてなくなってしまった。

b0060399_2210043.jpg



うーん、また暗くなってきたなぁ。


それにしても、こういうの好きやったのに、四年半もこーへんかったなぁ。

その間、ずっとこんなええ空間があったのに。

ってか、このお寺は1300年代からあるんやんか。

さらに。

b0060399_22122523.jpg


ちょっとわかりにくい。

ずーむいん。

b0060399_22131797.jpg



日露戦争の折にはここにロシア人の捕虜がいたというではないか。

だから、

b0060399_22135815.jpg


こんなもんがあったりする。
捕虜が作ったらしい。
♪バラライカはさんかくだぜー♪ っと。
(C)武満徹


b0060399_22152673.jpg


おお、雪が舞ってきた。

さむいー。


妻は今頃お昼ごはんか。
あるいは、さっき走っていった京阪に乗って大阪に向かっているのかも。

きれいなお庭やなぁ。いつ掃除されたのだろうか。


なんか時間が動いているようなとまっているような。
いろんな時間の層が重なっているような気がした。

自分にいろんな背景とか文脈があるように、
時間にもおんなじようなものがあるんやなぁ。

また、陽がさしてきた。

b0060399_22175793.jpg


ところで、このお庭。九山八海のお庭。
一、二、三、四...たしかに九つの山が。
そのあいだが海。
ほな、その山の外側はなんなんやろう?

b0060399_22171826.jpg


うーん。わからん。

また電車が走っていった。

b0060399_2224720.jpg


夏のような雲がみえる。でもコートを着てるなぁ。

b0060399_22274841.jpg


そうそう、このお庭はこの石も有名なんやった。
あんましよくわからんなぁ。


ウォークマンでドイツレクイエムを聴いてみた。
なんか一枚フィルタが装着されて、いつもの自分に戻る感じがする。

ちょっと仕事を思い出した。

どうも、最近は仕事がかき回す渦の中に吸い込まれていっていたような感があるなぁ。
いろんな仕事に目を回しながらも、同じようなピントでしかものをみてない気がする。

目の焦点をあわせるように筋肉を動かしていないと目が悪くなるのと同じように、
意識の焦点をあちこちかえないと機能がわるくなるような。気がする。


さて、もう一つのお庭もみとかないと。

b0060399_22262586.jpg


こちらは、なんか現代っぽい感じが。なんかあんまし落ちつかへんなぁ。


さて、そろそろいくかな。一時間ぐらいたったかな。

さて、このあとどうしようかな。

(気が向いたらその3へつづく)
[PR]
by dasauso | 2006-02-04 15:30 | ニチニチ編
妻は同級生の結婚式で大阪行きのため、一人の土曜日。
孤独?

いえいえ好き放題です。

昼頃までお歌の練習をして、さて、どこへ行こうか。
県外にでもでて、温泉なんかつかって身体を癒してみたりしてもいいな、とか思いつつ、なんとなく交通費が惜しくなってしまう自分がおり、結局は定期券でいける東福寺へ。

東福寺、いいお寺です。うちとこらへんにまで修行僧の人が托鉢にこられます。
地蔵盆のときには、町内のひとびとにつかまり、なぜか関係ないお地蔵さんを拝まされたりしつつも、きっちりやってくれ張ります。
いいお寺です。
b0060399_224571.jpg

(↑これは夏。)



そんなわけで、京都観光モード。
東福寺駅をおりてすぐの食堂にはいります。丹波屋とか言います。

b0060399_2240566.jpg


紅葉で有名な東福寺ならではのメニュー「通天もみじうどん」か、名物っぽい「鯖寿司」かで悩む。

悩む。

むー、二人いれば、うどんと鯖寿司なんやけど、しゃあないから、うどん。

一人は困る。



うどんがきた。

b0060399_22274164.jpg


なんだか普通。
、と思ってしまうところに、風流を忘れている。
紅葉は生麩。そして、ゆばが流れる川をあらわしている。
お出汁が美味しかった。


で、

b0060399_22313742.jpg




えーと。




.....




!!




結局

b0060399_22322614.jpg






ふぅ。



b0060399_2233348.jpg





一人は困る。



今日のところはこの辺で勘弁しといたろか。

東福寺編へつづく...
[PR]
by dasauso | 2006-02-04 12:47 | ニチニチ編