意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

GW初日。早朝から岡山へ。
ひかり号自由席はきーきー、わーわーと子供の楽園。
ついでにおとーさんもビールのんどるし。
残念ながらこちらはお仕事。

ということで、ある集客施設で来場者アンケートをとるのが今日の課題。
一日中声をだし、笑顔を絶やさず、人をつかまえ、
書いてもらいまくる。記入不備は逃さず突っ込みの質問を迫る。
お店のノリに合わせて手を振る。(ふふ、謎じゃろう...)
来週は分析、提言へと続いていくわけだが、
とにかくマーケティングは頭だけではできないのだった。

こうして肉体労働を終え、ぐったりげっそりしつつも、瀬戸内の幸を求め、地場産のゆーじんと待ち合わせて飲み屋街へと消えてゆく。

踊るタコに踊るカレイ、好物の穴子、
店をかえて、天然の鯛そしてままかりと、まさにお魚天国状態。
ありったけ土地のお酒を制覇して京都へ帰還した。

唯一の心残りは、鰆がくえんかったことやなー。
ぐー。
b0060399_8394678.jpg

↑↑↑↑↑
(グロめ。本当は動画で動くのだが。)

そういえば、♪仕事か遊びかイェイ・イェイ・イェーイ♪といううたがあった。
西日本編はまだまだつづく。
[PR]
by dasauso | 2005-04-29 23:45 | オチゴト編

伏見よいとこ

b0060399_12522524.jpg


普段、お会いした方の地元話をたいへん楽しく聞かせてもらっているが、自分の地元についても書いていきたい。

生まれ育った紫野から伏見に移って二年、この間に引越しの機会もあったが、やはり引越し先も伏見のなか、というより徒歩五分な場所であった。

というわけで、第二の地元になりつつある伏見。

今日はあまりにええ天気だったので、散歩にでかける。写真は、伏見といえば...な景色である。手前に宇治川派流、うしろは月桂冠。春から夏にかけて、この柳もどんどんと美しくなる。この十石舟もおすすめ。ぜひいらしてください。
[PR]
by dasauso | 2005-04-24 21:00 | ニチニチ編

大阪支社へ

最近、日記を全く書いていなかったので、
その間、話がぴょんと飛んでしまうのだが、
たぶん一番大きな話題は、転職したということである。

よく確認されるのだが。
転勤ではなくて、転職。

今日は、新しい会社で、自分のオフィスにはじめて出勤。
真新しいDellパソが与えられていた。

ノーツを使ったこともないし、いろんな届けの仕方もちがうので、
ひとつひとつの勝手がいかず、それはそれでたいへんである。

まずは、先週末の本社出張の精算をしなければ...
えーっと...

そうか、昼休みでも電気は消さないんや。
みんななんでもかんでもプリントアウトしすぎちゃうんか。

こーいう経費を削減して、その分給料をあげてくれへんかな。

違和感を感じることは多い。
前の会社に入社したときにもいろいろと感じていたが、
だんだん自分も同化していってしまうので、
そういう違和感は手元にかきとめといた方がいい気がする。

この間あったことは、手元の日記にも書いているので、
また、ぼちぼち、ブログのほうへも書いていきます。
[PR]
by dasauso | 2005-04-18 19:53 | オチゴト編

はたらかない主人

退職前の有給消化ということで、会社をお休み。
近所のお医者さんに健康診断書をかいてもらいに出かける。

家を出たところ、お向かいのおっちゃんから、「おい、今日も休みかいな?おまえぜんぜん会社いってへんやんけ」と言われる始末。まぁ、とってなかった夏休み(長期休暇)を2週間ほど前に消化ばっかやからな。

はいはい。
今週末からちゃんといきますですよ。
[PR]
by dasauso | 2005-04-11 19:33 | ニチニチ編

ハクサソンソー

白沙村荘と書く。

絵画のことにはとんと疎いが、好きな絵として印象に残っているのがある。それが、このお屋敷の主こと橋本関雪が描いた建仁寺の襖絵、「生々流転」だ。そしてあのお寺の方丈の空間、ほんとに好きである。

で...今日は建仁寺ではなくて、白沙村荘。ここにて、異種交流会である。異業種交流会でないところもミソだ。

普段行かない空間へいってみると、普段使わない脳みそが刺激され、こういう機会でしか会わない人々と話をすると、これまた同様である。(ちなみに、こーいうとき、出身学部では、空間というより場所と呼ぶ人々が多いようだ。)

今日話した人たちは、建築士さんをはじめ、元ODA職員さん、テレビ局の企画屋さん、文化財保護課さん、デザイナーさん、エステ屋さん、そしてかばんやさん...

話しておもろい人が見つかれば、おおいに収穫。というわけで、今日もグラスを片手に酒はすすむが、めしはほとんど食べていない。

まぁ、それでええねん。お庭も見られたしな。
眠っていた細胞がふたたび踊りだした。
モトはとれた。
[PR]
by dasauso | 2005-04-09 23:45 | ニチニチ編