意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ニチニチ編( 92 )

私自身も皆様も、仕事や家庭などのいろんな局面でいろんな「役割」があるわけなんですが、役割を演じる、役割を果たすのって意外に難しいことだなとよく感じます。

そもそも、「その役割」がどういう責務をもつのか、どういう立ち回りをすべきなのか、きちんと理解していないとだめだし、わかっていても行動できないことが多いように思います。

「あなた社長なんだから...」
「親としては当然...」

社長とは、なにをすべき役割なのか、世の社長はどうやって理解していくのでしょうか。

父としてどうすればいいのか。自分の父の背中を見るんでしょうか。。。

残念ながら、うまく役割を果たせていない人は多いのだと思います。けれども、それは別に異常とか不思議といったことではなく、そうなってしまいかねないものなのではないかと思います。



人には、5つの顔があり、それぞれの顔を大事にしてほしい、と常々前職の社長がいってました。

仕事での顔、妻に対するオットとしての顔、自分の子供に対する親としての顔、両親に対する子としての顔、そしてオトコとしての顔(結婚式でのスピーチの時は、ちょっと遠慮してか、趣味人としての顔というてはりましたが...)

これらの顔というのは、役割ということでも置き換えられるわけですね。われわれはいろんな役割を背負っていますね。仕事の中での役割にしても、客先に対する役割だけでいろんな場面があって、さらに上司としての役割や部下としての役割、発注先としての役割なんかもありますね。

きちんと演じ分けられてるのでしょうか。。。。




よく、仕事とか、新しい生活とか、「慣れた?」って聞かれることがあります。

個人的にはこの質問はたいへん苦手で、どう答えていいのかまったくわかりませんでした。けれども、この「役割」ということを考えるようになってからは、その役割として果たす責務や立ち回りの方法が何なのかを理解でき、実践できるようになってきているのが、「慣れる」という一つの局面なのかな、というふうに思い始めました。


「役割」は無意識にしても、意識的にしても、何の影響や作用なしには身につかない、決して簡単なものではないのだろうという気がします。
[PR]
by dasauso | 2006-06-28 23:23 | ニチニチ編

策におぼれた男

南座の前からバスにのる。

京都会館あたりを始発にしてやってくるバスは、南座らへんだとちょうど座席に人がうまるぐらいのぎりぎりの線なので、だいたい一つ前のバス停から乗れば、うまいことすわれます。

昨日も南座についたときにちょうど着たバスは少し人が立っていたので、
一本遅らせることにしました。

八坂神社の前まで歩く。まだこないようなので、知恩院までさらに歩く。
ここまでくればさすがにガラガラでしょう。


ようやくバスが来た。


当然ガラガラ。
のはずのこのバスが、なぜかスシ詰め超満員。

ええー、なんでー?!
いくら行楽日和とはいえ、前のバスとのギャップは何なん??




乗っているうちに、真相が判明。
どうも、坂本冬美のコンサートが終わる時間にあたってしまった模様。

そら始発から満員やわ。

結局、1時間ぐらいぎゅーぎゅーのバスでたったままというとほほな状態で、作戦は大失敗に終わりました。


おばちゃんたちを見ると、コンサートのほうはよかったんでしょうねぇ。
[PR]
by dasauso | 2006-06-25 13:17 | ニチニチ編

シアターセット

ワールドカップですから!



ドン・ジョヴァンニをスタートとして、
ようやくうちでオペラを見るようになったはいいものの、
うちの万能VAIOくんではいまいち。なにしろ、ステレオの迫力が出ません。


が、このたびのワールドカップ観戦のタイミングにあわせて、
シアターセットを組みました。

うぉおお、おめでとう!


といっても、当然新品とかではなくて、いずれも退役組。
19インチモノラルテレビ(たぶん20年ぐらい前の)と
DVDプレーヤ(VAIOに主役奪われる)のセットに加えて、
つなげたのは、村山監督の頃のミニコンポ(SONY pixy)。


これが悪くない。

日本対クロアチア戦から導入されたこのシステムですが、
狭い部屋によく響いて、アマデウスもずいぶん楽しめてます。


あとはテレビ台がほしい。
いまは家具調コタツのうえやからなぁ。




よし、ボーナスはテレビ台!
[PR]
by dasauso | 2006-06-23 20:39 | ニチニチ編

裏試合が白熱!!

前の晩は10時には寝るはずやったのが、結局3時間弱寝て。

あー。やられてますな。




一方で、クロアチアとオーストラリアの試合が白熱しています。

残り時間がない!!クロアチア勝ち越せるか?!

オーストラリアゴール前、戦場です。

カードが飛び交って、あれ、シムニッチ退場やないんかな?
審判も興奮気味です。

試合は続く。

終了?
オーストラリアゴール?
取り消し?

ありゃ、シムニッチのイエローは3枚目?

乱れてまくっています。

あ、おわった。。。


そして、日本のワールドカップも終わりましたね。
玉田のゴールはよかったけど、試合の一部でしたね。


それにしても、最後クロアチアがゴール入れてたら、もめもめやったろうなぁ。


さて、二度寝するとしんどいんで、仕事にいくべ。
[PR]
by dasauso | 2006-06-23 05:54 | ニチニチ編

感謝の酒

昨日は父の日でしたね。
父の日って世界的にこの日なんでしょうかね?
いまいち起源とかしらんのですが、この機会に感謝の贈り物をという習慣にのって、日曜着でプレゼントを贈りました。

ともに、お酒の好きな父なので、贈るものにそんなに悩むことはありません。

妻方の父には、なんと500mlで3,500円する地元の日本酒をプレゼント。

おぉ、自分で呑みたいばーい♪


自分方の父には、ワインのデキャンタをプレゼントしました。
弟がボルドー(某ロートシルト)をプレゼントするといっていたので、
ほんじゃデキャンタじゃろう、というわけで。


どちらのほうも実家を襲撃、もとい表敬訪問して、御相伴したい気分ですわ。



いやいや、実はそれが一番の親孝行なのかもしれませんがね。
[PR]
by dasauso | 2006-06-19 20:36 | ニチニチ編

小包到着でほくほく

ことわっておきますが、お酒ではありませんよ。



今日は、遠方からお薦めのモーツァルトをゲットしました。えへ。

「クレタの王イドメネオ」にピアノのトリオとカルテット。

お酒もあふれかえっていますが、

こちらのほうも当分ゆっくり楽しめそうです。
[PR]
by dasauso | 2006-06-07 00:55 | ニチニチ編

豚ホルモンを食しつつ

どちらかというと少ないのですが、お仕事がらみでの会食です。
ただ、遊技機関係ではむしろ多いのかもしれません。

変にしょっている鎧を外してお話できていい機会でした。
会話の中から学ぶこと、再認識させられることも多く。


儲かったら、まずは末端から手当てする=儲けさせるべきである。
そうすると、中間管理職はおかしいと思う。自分ではないか。そこで自分がいかに苦しいか、と思う。
しかし、中間管理職に告ぐ。
「自分の部下が居なかったら、それは実現できたのか?」
「ピラミッドは一番底辺の人が支えているのである。」



もう一つ。
人が会社に不満を抱く3要素として、給料、やりがい、上司(組織)ということがいわれますが。

そこで。
給料=金について捉えてみると。
「金銭報酬は、不平不満の要因となっても、満足の要因とはなり得ない。」
うーん。
年収1億円を越してもおかしくないひとが言っているのだから説得力があります。


しかし、今日の最大の発見は、豚肉の焼肉にあります。
あまり多くを語れないのですが、水月亭。
絶対うまいです。豚ってあっさり。お腹にも優しい。

雑誌には載って欲しくない、いや、ある意味載らないのでしょう。

最後はdasausoらしく、食のネタでしめておきましょう。
[PR]
by dasauso | 2006-05-02 23:13 | ニチニチ編

百貨店三景

会社帰り、食材の調達に百貨店(親会社買収され系)によったら、
社のお兄さんご夫婦が仲良くたこ焼きを食べたはりました。

奥様にご挨拶しつつ、会社の帰りの逢引き(?)というのもええもんやなぁ、
と思いました。



さてさて、肝心のおつかい。馬刺しって売ってないんですねぇ。

うーん、困ったぞ。


それにしても、百貨店は試飲の嵐です。あまりいけてなかったけど。

うーん。
[PR]
by dasauso | 2006-04-28 23:39 | ニチニチ編

踊るマブダチ

4/1、友達が結婚するということで、エイプリルフールでうそみたいな話やけれども、どうやら本当みたいで、二次会の余興をやることになりました。

氣志團の「マブダチ」を振り付で。当日ぶっつけで昼から集まり、カラオケの部屋を借り切って、映像を見ながら即席でフリをつけます。

テーブルは全部片付けて、そこはダンススタジオに。クーラーをがんがんに効かせながら、何十回も踊り、何とか形になりました。 (*ヘ*)

カラオケボックスを出たときには、新郎の顔も見ないままもう今日の仕事は終わったぞというような充実感、というか、疲労感。

それでも、本番は勢いでかこなし、三次会で再びダンススタジオへ。歌いまくりの踊りまくりでした。

今日の集まりは予備校仲間ですが、30過ぎてこうしてバカできるのは、バカやってたころのつながりだからでしょう。強い。

今日の特訓のおかげで「持ち歌」ならぬ「持ち踊り」ができました。強い集団です。今日集まったメンバー十数人のうち、結婚してるのはだいたい半分。

次は誰が結婚するのかわかりません。
が、次の式でも踊り狂うのでしょう。




さてと、1kgぐらいはヤせてるかな、と。
[PR]
by dasauso | 2006-04-01 23:37 | ニチニチ編

ノドグロ事件

結婚二周年(は二日後)。これは綿婚式というのでしょうか。

今晩は日本酒でもってお祝いです。外で食べるといいのですが、そのお金があれば、おうちで豪勢にできるので。
いえでやるのです。普通の飲み会の価格で、リッチな食事。

ともあれ、ワインに合わせる場合はそれなりにリッチな食卓にできるものの、和食の場合は、どんな風にすればいいのじゃろう。。。うーん、うーん。


というわけで、出した答え。
百貨店でお魚を一ぴき丸ごとかって、さばいてもらうことにしました。普段は手が出ない、赤ムツ=ノドグロです。

半分は、お刺身で。半分は焼きで。うひ。

さばいてもらいました。



して、帰宅後、いろんなものを並べていきます。
アマゴの旨煮、ローストビーフ、ワカサギ南蛮、春野菜の炊き合わせ、木の芽和え....

そして、ノドグロを。(ほんまに黒い)

b0060399_2365733.jpg


あれ。半身しか入ってへんやん。なんで???

いろいろ考えたのですが、どう考えても百貨店のミスとしか思いようがありません。そうです。刺身の部分がありません。

ありえへんでー。
お祝いの日本酒よりもはるかに高いノドグロ。話が違う。


高●屋へ電話です。


気付いていたようで、相手は平謝りです。

責任者も電話口に出てきます。こちらどういう態度をとったらいいのか、迷いながらも、とにかく家まで届けてもらうことになりました。

で、いま宅配をまっています。お腹すいたなー。


ぐー。



ピンポーン。
あ、きた。


つづきは後ほど。


ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


b0060399_2381314.jpg


きはりました。

「お詫びにお造りをお持ちしようと思いましたが、お好みもわからないので...」
なんていって、ヨックモックのお菓子を持ってきてもらいました。

実は、待っているあいだ、どんな人がくるのだろう。。。
と思っていましたが、どうやら、百貨店のお客様トラブル係っぽい女性と、テナント入居の魚屋のチーフがやってきました。平謝りとはこのことです。

別にいじめるつもりもなく、丁寧なご対応を頂いたことに感謝しつつ。

ぺーぺーみたいな人が来たら、逆にお土産を持ってもらおうかと思いましたが。


百貨店のブランド維持のために、信用維持のためにどうしても欠かすことが出来ない部分。スーパーで買っていたら、家までお届け、なんてことはまずなかったことでしょう。われわれは、信用や安心に対してお金を払っているということを改めて感じた一件でした。


ノドグロ?
おいしかったです。白身のくせに、これだけ脂ののった魚です。

にんにくとしょうがとあわせても個性が失われることなく、むしろその脂分を誇るが如き味わいです。やっていただきたい。


とにもかくにも、印象深い日になったことは確かです。日本酒についてはまた別途。
[PR]
by dasauso | 2006-03-25 23:24 | ニチニチ編