意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:オヤバカ編( 3 )

クロール開始!

奏太郎が「はいはい」をするようになりました。

バカ親としては、まったくうれしいもんです。

本人にとっても、世界が変わったようで、とても得意そうな表情をみせてくれます。


けれども、喜んでばかりはいられず、部屋のあちこちに移動してしまうため、危険対策をせねばなりません。


そこで、リビングの中央に壁を設置。

これで、奏太郎は台所へは出入りができません。

b0060399_21323788.jpg


さらに副次効果がありまして、ベビーベッドを撤去した関係で部屋が広くなった!
 
当分ワインの瓶を片づけなくてよくなった!


てな具合です。

けど、親にとっても壁なわけで、毎回この高さ65cmの壁をまたがなければなりません。

浴衣や着物を着たときはこれ大変。

夜中トイレに行くときとか大丈夫か...

泥酔のdasausoは網に引っ掛かるのでは...



あと少なくとも2年ぐらいはこんな状況なんだが、さて、これどうなる?
[PR]
by dasauso | 2010-07-25 21:41 | オヤバカ編

はじめてのコンサート

今日は奏太郎と妻とともに、北山へ満員のコンサートへ行ってきました。

京フィルとあそぼう「はじめてのクラシックコンサート」
http://kyophil.com/schedule/2010_05.html#2010_05_05

0歳児から入場OK、これはいいということで、奏太郎もまさに文字通り、はじめてのコンサートです。

曲は、「ダンス」がテーマだとかで、クラシックだけじゃなくて、サウンドオブミュージックや童謡、ソーラン節みたいな民謡まで多岐にわたります。


小学生のお子さんもけっこう来られていましたが、やはり赤ちゃんが入れるコンサートがなかなかないからか、ベビーカーにのるような赤ちゃんがたくさん。午後の部だけでなく、午前の部も大盛況だったようです。

ラ・フォル・ジュルネだと、けっこう小さな子から入場可の演奏会もあるのですが、一番近いびわ湖では、さすがに0歳からOKというのはなく。

けっこう需要はあると思うので、もっとやってほしいなぁと思います。


ちなみに奏太郎は大音量の「剣の舞」に激泣きしてました。家では大丈夫でノリノリやったのになぁ。


演奏会後は、楽器とのふれあいのコーナー。奏太郎、はじめて実物のヴァイオリンと対面です。

b0060399_20464355.jpg


さて、奏太郎が「ばいおりんをやりたい」と言いだした時、おとうちゃんは買ってあげられるのだろうか....
[PR]
by dasauso | 2010-05-05 20:49 | オヤバカ編

こんにちは 奏太郎です

b0060399_21165055.jpg


こんにちは、奏太郎(そうたろう)といいます。

みなさん、よろしくね~056.gif



...というわけで、親バカ日誌1でした。
[PR]
by dasauso | 2009-11-18 21:19 | オヤバカ編