意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ご意見伺いの目

深層心理ってほどたいそうなもんでもないんですが。ちょっと思ったこと。


数人で集まります。会議でも飲み会でもええんですが。

話題の中で、誰かがちょっと違和感のある発言をしたときって、ほかのだれか、第三者の目を見ますよね。同意を求めるというか。この人はどう思うか知りたいとか。



その発言があったときに自分はCさんのほうを見る。目が合うことがある。

同じタイミングで目が合ったり。なんだか、味方と悟る。

あるいは、Cさんの目を見たら、CさんはDさんを見ていた。
なんてこともありますね。



なるほど。
同意を求める先とか、その人の意見が気になるとか、そういった心理は、目が語ってくれます。

その時に人同士の価値観共有状況とか、場合によって、信頼関係とか、対立関係とかがみえたりする。

あるいはまた、自分自身が、Cさんの目を見ていることに、自分の気がつかない潜在的な意識を見てとることもできますね。「ああ、自分がマークしている人はこの人なんだ。」


自分がものをしゃべる時に誰を見るかよりも、人の違和感発言を聞いて誰を見るかという時の方が、不意に無意識にその人があらわれるように思います。


訊かなくても訊いてますね視線は。目は口ほどにというのは、こういうところでも起こるんだなぁと思いました。
[PR]
by dasauso | 2007-04-14 00:29 | ニチニチ編