意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「役割」は簡単なもんではない

私自身も皆様も、仕事や家庭などのいろんな局面でいろんな「役割」があるわけなんですが、役割を演じる、役割を果たすのって意外に難しいことだなとよく感じます。

そもそも、「その役割」がどういう責務をもつのか、どういう立ち回りをすべきなのか、きちんと理解していないとだめだし、わかっていても行動できないことが多いように思います。

「あなた社長なんだから...」
「親としては当然...」

社長とは、なにをすべき役割なのか、世の社長はどうやって理解していくのでしょうか。

父としてどうすればいいのか。自分の父の背中を見るんでしょうか。。。

残念ながら、うまく役割を果たせていない人は多いのだと思います。けれども、それは別に異常とか不思議といったことではなく、そうなってしまいかねないものなのではないかと思います。



人には、5つの顔があり、それぞれの顔を大事にしてほしい、と常々前職の社長がいってました。

仕事での顔、妻に対するオットとしての顔、自分の子供に対する親としての顔、両親に対する子としての顔、そしてオトコとしての顔(結婚式でのスピーチの時は、ちょっと遠慮してか、趣味人としての顔というてはりましたが...)

これらの顔というのは、役割ということでも置き換えられるわけですね。われわれはいろんな役割を背負っていますね。仕事の中での役割にしても、客先に対する役割だけでいろんな場面があって、さらに上司としての役割や部下としての役割、発注先としての役割なんかもありますね。

きちんと演じ分けられてるのでしょうか。。。。




よく、仕事とか、新しい生活とか、「慣れた?」って聞かれることがあります。

個人的にはこの質問はたいへん苦手で、どう答えていいのかまったくわかりませんでした。けれども、この「役割」ということを考えるようになってからは、その役割として果たす責務や立ち回りの方法が何なのかを理解でき、実践できるようになってきているのが、「慣れる」という一つの局面なのかな、というふうに思い始めました。


「役割」は無意識にしても、意識的にしても、何の影響や作用なしには身につかない、決して簡単なものではないのだろうという気がします。
[PR]
by dasauso | 2006-06-28 23:23 | ニチニチ編