意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

こんなに不思議な出会い

合唱団にはいろんなひとがいます。

栄養学の先生あり。お医者さんあり。踊りの先生あり。

昨日の懇親会にてトゥーランドットを歌いあげた方は、実は某大手企業のえらいさんだったりします。普通の仕事生活では、まずそんな人と同席することもなく、ましてその人の特技を披露する場にも居合わせないわけです。

ですが、懇親会にてすごいことが判明しました。

その方、つまりトゥーランドットさんのお父上は、
私の祖父の大学時代の恩師であり、

その方の奥様は私の母の同級生であり、

なにしろその方自身、私の産まれた住まい(=実家)の前の住人でおられたのです。

まぁ、ついでに言えば、私の小学校、中学校、大学の先輩にもあたるわけですが。

なんとなく聞いていた相手の人がまさにその人でした。
ほんま、お互いびっくりです。

盛り上がる話も地元ネタどころではありません。お家の話です。
「いやー、あの家も震災のあとに壊しちゃいましてねぇ。」
なんて感じで。なんとも不思議な会話です。

住まいは人の成長において大きな役割を果たすと思いますが、廊下にボールをおいておくと勝手に転がっていくような味のあるお家で、ともに年の違うお互いの幼少から青春時代まで、まさに同じ住まいで過ごしたわけです。血のつながりは全くないのですが、嬉しいことに、ほんとに自分の息子に出会ったかのごとく喜んでくれはります。


私自身は、ホームページをみて参加をきめた合唱団ですから、ほんとの偶然です。


が、この不思議な出会いも、ひょっとしたら偶然ではなく。
亡くなった祖父がひき合わせてくれたのかもしれません。

そう思うと、なんだか、ありがとう。
[PR]
by dasauso | 2006-03-13 22:49 | ニチニチ編