意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

そろりソロで

今日は合唱の練習でした。ミサ・ブレヴィスとドイツレクイエムをみっちり4時間。その時間の中でだんだんといい響きに、だんだんうまくなっていくのが気持ちええです。

さて、その後はフレンチのレストランで貸切懇親会。


メインを食べ終わったあたりから余興が始まります。

パートごとに出し物をやるのですが、ベースからもアカペラ四重唱のロシア民謡をやることに。そのなかで、ちょこっと短いソロパートをうたうことになってしまいました。練習中に余興の楽譜をわたされたのですが、「ええっ?まじで今日いきなりソロやるの?」えらいことです。懇親会における新人の宿命です。

これがすんげー緊張。最初はアタマと楽譜が真っ白になってピンチだったのですが、テキトーに流し(自作し)ます。後半は持ち直したか、あまり覚えてませんが、歌詞(団の内輪ネタ用にアレンジしてある)にみなさんウケてもらったので、ある程度はうたえたのでしょう。

他のベースのみなさんは伴奏パートをうたってくれはるのですが、気持ちよくもあり、気持ち悪くもあり。はまるとやばいかもしれないですね。要格段レベルアップですが。

普段は合唱なので、無意識のうちに、みんなで歌えばこわくないって思ってるのかもしれませんね。


さて、パートの出し物のほかにも、いろんな人がソロを披露してくれはりました。ピアニストさんも次々と初見の曲をわたされて大変です。トゥーランドットも披露されました。トリノオリンピック荒川の金メダル余波もここまできていますねぇ。

そんなこんなで、余興だけで1時間ぐらい。最後は全員でモーツァルトをうたっておわりました。いやー、カラオケに通じるもんもあるけど、なんせ生演奏ですからね。ほんま楽しいです。


ソロで歌ってられる方、ちょっとうらやましいです。持ち歌の一つでもあればなあ。くぅー。
[PR]
by dasauso | 2006-03-12 21:52 | ニチニチ編