意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

東福寺霊雲院にて呆ける編 (立春一人遊び編 その2)

お腹はぽんぽん。九条通りの下をくぐって東福寺地帯に踏み入り、お庭を目指す。

b0060399_21591557.jpg


目指すは霊雲院。

拝観料はと...300円。一時間ぐらいは居てよう。

b0060399_2204775.jpg


やったー。誰も居らん。

一人やー。独り占めー。

b0060399_2215888.jpg


寒い日やけど、日差しはポカポカ。

縁側に腰掛けて。
ふぅ、ゆっくりするわー。

b0060399_2233273.jpg


しーん。なんせ一人。寝っころがっても、踊っててもありやもんね。

b0060399_2254551.jpg



あれ、日差しがなくなってきた。ちょっと寒い。
さっきは日がさしていたのになー。そうそう。ちょっと時間を思い出した。


ゴーーー、
京阪電車の走る音がときおり聞こえてきます。速いなぁ。

鳥が飛んでいく。コンドルかなぁ。
でも視界から消えて、どこかへ行ってしもた。

b0060399_227856.jpg



ん、白い埃が。

と、おもってひざを触ったら、一瞬だけ冷たく、消えてなくなってしまった。

b0060399_2210043.jpg



うーん、また暗くなってきたなぁ。


それにしても、こういうの好きやったのに、四年半もこーへんかったなぁ。

その間、ずっとこんなええ空間があったのに。

ってか、このお寺は1300年代からあるんやんか。

さらに。

b0060399_22122523.jpg


ちょっとわかりにくい。

ずーむいん。

b0060399_22131797.jpg



日露戦争の折にはここにロシア人の捕虜がいたというではないか。

だから、

b0060399_22135815.jpg


こんなもんがあったりする。
捕虜が作ったらしい。
♪バラライカはさんかくだぜー♪ っと。
(C)武満徹


b0060399_22152673.jpg


おお、雪が舞ってきた。

さむいー。


妻は今頃お昼ごはんか。
あるいは、さっき走っていった京阪に乗って大阪に向かっているのかも。

きれいなお庭やなぁ。いつ掃除されたのだろうか。


なんか時間が動いているようなとまっているような。
いろんな時間の層が重なっているような気がした。

自分にいろんな背景とか文脈があるように、
時間にもおんなじようなものがあるんやなぁ。

また、陽がさしてきた。

b0060399_22175793.jpg


ところで、このお庭。九山八海のお庭。
一、二、三、四...たしかに九つの山が。
そのあいだが海。
ほな、その山の外側はなんなんやろう?

b0060399_22171826.jpg


うーん。わからん。

また電車が走っていった。

b0060399_2224720.jpg


夏のような雲がみえる。でもコートを着てるなぁ。

b0060399_22274841.jpg


そうそう、このお庭はこの石も有名なんやった。
あんましよくわからんなぁ。


ウォークマンでドイツレクイエムを聴いてみた。
なんか一枚フィルタが装着されて、いつもの自分に戻る感じがする。

ちょっと仕事を思い出した。

どうも、最近は仕事がかき回す渦の中に吸い込まれていっていたような感があるなぁ。
いろんな仕事に目を回しながらも、同じようなピントでしかものをみてない気がする。

目の焦点をあわせるように筋肉を動かしていないと目が悪くなるのと同じように、
意識の焦点をあちこちかえないと機能がわるくなるような。気がする。


さて、もう一つのお庭もみとかないと。

b0060399_22262586.jpg


こちらは、なんか現代っぽい感じが。なんかあんまし落ちつかへんなぁ。


さて、そろそろいくかな。一時間ぐらいたったかな。

さて、このあとどうしようかな。

(気が向いたらその3へつづく)
[PR]
by dasauso | 2006-02-04 15:30 | ニチニチ編