意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

うたうサラリーマン帰る

前職時代より「うたうサラリーマン」として、合唱に取り組んでいたわたくしですが、いつの間にか本番ステージから3年以上遠ざかってしまいました。そういえば、このブログにも音楽というカテゴリがない。2年前、前回の演奏会は診断士2次試験と日が重なるという状況の下、苦渋の(?)選択のもと試験を受けたのでした。

が、しばらくぶりに演奏会です。今回はバタバタと仕事に追い回される日々ですが、うたいます。

b0060399_1104454.jpg


◆Das Heberäcken 演奏会◆
◆日時:2005年12月3日(土) 14時開演(13時半開場)
◆会場:京都文化博物館 別館
◆曲目:ジョン・ラター「When Icicles Hang」、へべ人生劇場『人生は酒の味』、日本の唱歌「茶摘、七夕さま、紅葉、冬景色」その他


旧日本銀行京都支店という歴史的な空間で十数名の団員が歌い上げます。
おそらく息が白くなってコートを着てのお出かけの頃と思いますが、お時間のある方はいかがでしょうか?三条通りを歩くついででも、博物館を見に来るということでもええですから。

曲目はかなりバラエティーに富んでます。のっけは唱歌など皆様おなじみの日本の曲、そして第2ステージは酒にまつわる曲からなる音楽劇仕立てです。そしてメインディッシュは合唱界のスーパースター、ジョン・ラッターの曲で冬を歌い上げます。たとえば、こんな感じ。(ファイルはちょい重いめです。クリックしてしばらくお待ちください。)

ちなみに今回の演奏会は、2年間仕込んでの演奏会です。熟成度が上がっているか、まだ若々しさとパワーが感じられるか、そこは聴衆のみなさんのご判断にお任せします。

土曜の昼下がり、お付き合いいただける方はご連絡ください。
[PR]
by dasauso | 2005-12-03 11:01 | ニチニチ編