意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

たんすフラン

「フラン」というと、たいがいはお菓子を思い浮かべられるのではないか。
いや、それはブドウだよと仰る方とはぜひワインのお話をしましょう。

しかし、フランといえば、やはりお金なのである。一昔前まではそうであった。ユーロという便利な仕掛けができてから、影が薄くなってしまった。

さて問題は、私がフランを持っているということである。しかもトラベラーズチェックで。これはまだ通用するのか...というよりも、返ってくるのか。

マルクの換金期限が...といっていた知人の話をきいてから、青くなってきた。
すでに、ただの紙切れになってしまっているではないのか。

昼間に銀行に行かねば。気が重い。
TCを買った銀行に問い合わせ。
「もう換金期限を過ぎているので、もうだめです。」
がーん。

「念のために大使館にきいてみたら」といわれる。話がたいそうになってきた。

しかし大使館に電話しても、フランス銀行でしか換えられないという。
どうやら、こんなことになっているようだ。

■導入カレンダー
2001.1.1 ユーロ導入開始。2月17日までは、ユーロとフランが併用される。ただし、現金のみ。フラン建ての小切手は作れないし、クレジットカードでフラン決済はできない。フランは新規発行されないので、姿を消していく。
2002.2.17 フランの流通停止。
2002.6.30まで フランの硬貨および紙幣を市中の銀行、郵便局、フランス銀行で両替することができる
2005.2.17まで フランの硬貨をフランス銀行で両替することができる。
2012.2.17まで フランの紙幣をフランス銀行で両替することができる。


フランス銀行ですと?
これは、フランスへの旅を敢行せよということなのか?
しかし、私の持っているのは、紙幣ではない。TCだ。
うがぁ。

2400フランある。
これは、ワールドカップを見に行ったときのものか。あるいは、その前の留学のときか。
とにかく、当時1フランが20円ちょっと。
その後、円が高くなって、1フランが15円ぐらいになり、これはやっとれんということで、持ち続けていたTCだった。

紙切れになるのなら、15円でも36000円。換金すべきであった。

暗い気持ちでTCを眺めていて、TCの発行機関であるAMEXに聞いていないことに気がついた。

そこからは、勝負が早かった。
電話口にTCと免許証を用意しろという。そして、銀行の口座を告げると、1週間で振り込みますとのこと。
なんや。こんなにあっさり。

そしておまけに、48000円も返ってくるという。
というのも、いまユーロが強いからだ。
なんだ、これで正解だったのか。
いや、もっとユーロが強くなるまで待つべきか...

懲りない奴だ。

そんなわけで、資産評価損を微小額で食い止めることができたのだった。

ふぅ、今回の発見は、AMEXの電話サービスがすばらしいということ。
そして、大使館に電話すると、はじめフランス語で話されるということ。
ということは、ロシア大使館に電話すると...
おおっと。よその大使館にイタ電するようなことはおやめください。


換金し忘れはないですか?
あトンスィオン!

[PR]
by dasauso | 2005-01-25 19:14 | ニチニチ編