意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

寄り道の効用

最近は、どうも「寄り道」をしなくなっている。
していることはあるのはあるが、酒屋に寄ったり、本屋に寄ったり。寄り道といっても、なにか定常的なパターンだ。
寄り道の効用という点からいうと、それが新しいお店だったとしても、寄り道ではないのかもしれない。

そんなことを思って、今日は大阪からの帰り、二つ前の駅で降りて歩いて帰ってくることにした。

・美味しそうなヨーロッパ家庭料理の店を発見する。 スペイン料理とドイツ料理が同居していて変な感じはあったけど、裏通りでワイン70種、ビール20種という品揃えのお店には、かなり期待させるものがある。何かのときに使いたい店リストに加わる。

・新築マンション(説明会?)前にたむろするあやしいハッピ集団を発見。そうか、新聞屋さんだ。先手必勝なのか。新聞屋にとっては、新たな顧客をゲットできるかどうかというのは大きな問題であって、新規購読を勧めるけれど(うちにもよく勧誘がきはる)、あまり乗り換えるものではないような気がする。どんなんかな。

・この町に引っ越してきてはじめて図書館に立ち寄る。吉田初三郎の別冊太陽、囲碁入門、やきものガイド、学研まんがでよくわかるおかねのひみつ、そば猪口700選...本屋で買うにはもったいない(あるいははずかしい)本をゲットする。税金を取り返さなきゃ。

こんなふうに、普段と違う道で、いろんな発見があった。
ときどき、今日はこっちで降りてみようかなとか思うんだけれども、「まぁ、別になにもないわな」と決め付けているフシがある。それの積み重ねで、ずいぶんと逃しているものがあるような気がした。
普段と違う刺激は、けっこう簡単にえることができる。
通勤の場合は、きまった時間、決まった道ということが多いので、なおさら変えることによる意義があるのではないか。

戦利品を得ながら、帰宅すると、先に「これから帰る」と連絡していた妻から、
「また寄り道(酒屋)してきたでしょ」
との突っ込み。

借りた本で膨らんだかばんを見て言ったというよりも、やはり普段の行動パターンの読みではあったが、今日は私の勝ちであった。


最近寄り道してますか?
あトンスィオン!

[PR]
by dasauso | 2005-01-09 22:43 | ニチニチ編