意識をむけてみるといろんなものが見えてきますよね。お酒とオンガクが好きなサラリーマンが綴る、意識の向けどころページです。お仕事の息抜きや、お酒の肴にどうぞ。


by dasauso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

社会人講座という場

10回にわたる、某大学の社会人学習講座が今日で最終回を迎えた。
「社会企業家」がテーマで、経営の先生方によるリレー講義である。
ベンチャー事業、、NPOのマネジメントやコラボレーション、CSRといったことが問題にされ、
個人的には、当初期待していた以上の成果があり、たいへん喜んでいる。
土曜日のお昼を犠牲にするだけの意義はあった。

参加していたのは、たったの5人で、ほぼゼミのような雰囲気であったが、おかげで参加者間で意見交換をしたりする機会に恵まれた。

現役の学生のときは、まわりも同じ学生で、みんなキャラは違うとはいえ、立場が違うということはなかった。
しかし今回は違う。職種が違ったり、業種が違ったり、役職が違ったり。はたまた、会社人でなく行政マンだったりする。
だから、同じ内容を学習しても、消化のされ方も意見も、みんな「職業柄で」違っていたりしていて面白い。

そんな具合で、このメンバーで合えるのも最後ということで、
昼間から京都のまちを見下ろして酒を呑む!
先生方や事務員さんをまきこんで、打ち上げを企てた。


学生のときとの違いというのは、別でも感じていた。
というのも、大学で受けていた講義では、知識を仕入れたり、そういう考え方をするんだ~ってことを学ぶことが中心だったように思う。
しかし、今回の社会人講座で受けた講義では、印象が違う。
それは、講義から刺激を受けて、自分のこととして「考える」、あるいはこんな事例はどうだろうか、と「考える」ことが多かったという点である。

これは、たいへんすっきりすることであった。
学んだ内容もさることながら、学ぶことを学んだような気がして嬉しく思っているのである。
また機会があれば、その辺をかいてみたい。
[PR]
by dasauso | 2004-12-11 23:45 | ニチニチ編